初売りでレゴの福袋を買える場所まとめ。

初売りでレゴの福袋を買える場所まとめ イベント&キャンペーン

レゴの福袋を買うなら、まずはどこで売っているのかを知らなきゃですよね。

どこでどんなレゴの福袋が買えるのか、各売り場の特徴をまとめました。

年が明ける前にじっくり検討して、確実に福袋をゲットしましょう!

スポンサーリンク

レゴの福袋が買える場所


毎年、レゴの福袋を取り扱っているお店は以下のとおり。

  • レゴストア、クリックブリック
  • レゴランド ジャパン
  • レゴランドディスカバリー(東京、大阪)
  • トイザらス
  • イオン

2019年はどんな福袋が売られていたのかまとめました。

レゴストア
クリックブリック
8,000円(男の子用、女の子用)
5,000円(男の子用)
レゴランド ジャパン 10,000円
(3種類、レゴと小物の詰め合わせ)
レゴランドディスカバリー  10,000円(3種類)
トイザらス 9,999円(男の子用、女の子用)
イオン 5,000円(男の子用、女の子用)


それぞれ、値段や内容が違います。
特徴をくわしく見ていきましょう。

レゴストア、クリックブリック


全国のレゴストアやクリックブリックでは1月1日に福袋「ハッピーバッグ」が販売されます。

また、初売りのキャンペーンも行われます。

ハッピーバッグ限定販売1月1日
レゴねずみ年ミニセットプレゼント
※10,780円以上お買い上げの方
1月2日
1月3日
選べるミニセットプレゼント
※5,500円以上お買い上げの方
1月4日
1月5日
ガラポンチャレンジ1月4日
1月5日


金額などハッピーバッグの詳細は発表されていないので、過去の様子を参考にしてくださいね。

2019年は3種類のハッピーバッグが用意されました。

8,000円男の子 用
8,000円女の子用
5,000円男の子用

8,000円の男の子用の中身はスターウォーズだったという口コミもあります。

レゴランド・ジャパン


名古屋のレゴランドジャパンでも1月1日から福袋の販売が行われます。

2019年は10,000円の福袋が3種類用意されました。

中身はショッパーバッグやバックパック、レゴ関連の小物なども入っていて24,000円相当の商品だとか。



レゴランドならではの品ぞろえですね。

そしてレゴランドでも干支のミニセットプレゼントを行っていました。

レゴランドディスカバリー

レゴランドディスカバリーは東京(お台場)と大阪の2カ所にあります。

1月1日より福袋の販売を行います。

【レゴランドディスカバリー東京】
  • 2,200円の福袋
  • 10,000円の福袋
【レゴランドディスカバリー大阪】
  • 10,000円の福袋(男の子用、女の子用)



ちなみに2019年は10,000円の福袋が3種類用意されていました。

内容が記載されているので、中身がわかるのが嬉しいですね。

トイザらス


レゴの福袋といえばトイザらス!と思っている方も多いのでは。

店舗数も多いし、ネットでも購入ができるので買いやすいのが魅力です。

種類ハッピーバッグ2020男の子用
ハッピーバッグ2020女の子用
金額9,999円(税込)
店頭1月1日より各店舗で限定販売
※レゴねずみ年ミニセットプレゼント(個数限定)
オンライン1月1日10時より限定販売

店頭で購入すると、干支のねずみ年ミニセットがもらえます(先着10,000名)。

店頭に行けない場合は、オンライン販売されるので嬉しいですよね。

オンラインで12月26日より予約販売されていたのですが、告知無しで販売開始だったにもかかわらず2~3時間で完売しています。

事前に会員登録をすませて準備万端にしておきましょう。


詳しくは、こちらの記事でお伝えしています。

イオン


イオンのおもちゃ売り場の福袋は、透明のビニール袋に入っているので中身が見えるのがポイント。

福袋だけれど、内容を確認して買うことができます。

しかも年末のうちから陳列されるので、下見ができるのがありがたい!

2020年は例年どおり5,000円の福袋が用意されているようですよ。

詳しくは、こちらの記事でお伝えしています。

まとめ

レゴランドやレゴストア、トイザらスなどでも売り出されるレゴの福袋。

値段や中身が違います。

テーマパークならではのグッズ入りならレゴランドジャパン。

内容を知ってから買いたいなら、レゴランドディスカバリーやイオン。

トイザらスは事前にネット予約ができるので、元旦に買いに行けない人におすすめです。

コメント