2019年トイザらスのブロックトーバー「日本の春」の季節ミニセットのレビュー

2019年トイザらスのブロックトーバー「日本の春」の季節ミニセットのレビュー イベント&キャンペーン

10月1日から始まった、毎年恒例トイザらスのブロックトーバー

2019年第1弾の、日本の春をイメージしたアジアの季節ミニセットをもらいました。

さっそく季節ミニセット(日本の春)のレビューをしていきますね。

季節ミニセット(日本の春)

対象年齢 6歳以上
ピース数 90ピース
デザイン 日本の春をイメージした鳥居と桜

   
日本の春をイメージしたミニセットは、10月1日~11日の間にトイザらスで対象のレゴ商品を6,000円以上買うともらえます。

トイザらスのレゴキャンペーン「ブロックトーバー」の第1弾の特典です。


箱がピンクで素敵なの。
レゴでこういう箱に収まった商品って初めて見ました。

2019年ブロックトーバー 日本の春をイメージした季節のミニセットの外箱


中には、説明書、ブロックの小袋2つ、レゴのシールが入っています。
レゴのロゴが入ったブロックはシールなんですね!

2019年ブロックトーバー 日本の春をイメージした季節のミニセットの中身


90ピースなので、作るのはあっという間。

桜の花と鳥居が何とも日本的ですよねー。
「赤い橋のかかった日本庭園の池に立つ美しい鳥居を眺める人」が表現されています。

2019年ブロックトーバー 日本の春をイメージした季節のミニセットの中身


上から見ても美しい。

2019年ブロックトーバー 日本の春をイメージした季節のミニセットの中身

使われているパーツ

今回のブロックトーバーは、手持ちのパーツでつくれそう…なんて声もあるけれど、レゴにハマって間もないわが家では珍しいパーツが手に入って嬉しかったですよ。

ピンクの葉っぱのブロックや、黄緑色のアイスクリームパーツ(ここでは木を表現)が手に入りました!

2019年ブロックトーバー 日本の春をイメージした季節のミニセットのパーツ


ミニフィグをかたどったパーツ(マイクロミニフィグ)は持っていたけれど、かわいくって好きなパーツです。
※真っ白のマイクロミニフィグは、レゴショップのセット(40305)に入っていたので持っているんです。

楽しみ方

土台がしっかりしているので、飾りやすいセットです。

春にインテリアとして飾るのもよさそう!

わたしは、ミニフィグを使って「レゴ作品を鑑賞する人」のオモ写(おもちゃを撮影した写真作品)を撮ってみましたー。

レゴランドにいるみたいじゃない?


それからこのミニセット、全部集めてつなげることもできます。

2019年トイザらスのブロックトーバー

6,000円分のレゴ商品の買い物は何にした?

10月4日から発売になった2019年のクリスマスアドベントカレンダーを買って、このミニセットをもらいました。

・レゴシティアドベントカレンダー 60235
・レゴハリーポッターアドベントカレンダー 75964

この2つです。

わが家では、アドベントカレンダーは子どもとクリスマスを楽しむ必須アイテム

毎年いろんなアドベントカレンダーを使っていますが、今年はレゴのものを用意しました。

ブロックトーバーは第4弾まであるので、欲しいセットの時期に合わせてクリスマスの準備を始めるのがいいですよ!

まとめ

2019年トイザらスのブロックトーバーの日本の春をイメージした季節のミニセット第1弾は、日本の美がつまった風情あふれるセットでした。

ブロックトーバーは第4弾まであり、11月4日まで開催されています。

クリスマス商品を計画的に買ったりするのがおすすめ。

他にも、この期間限定でトイザらスでレゴがセールになっているので、欲しい商品が安くなっていないかのチェックもしておきましょう。

ブロックトーバーについてくわしくまとめた記事はこちら↓

コメント